忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 23:49 】 |
ガングリオン?でした・・・って分かりますか。

ZEUS/サイドバイク
http://ym-zeus.at.webry.info/201101/article_20.html


昨日の断層写真を持参し、F整形外科にて診断結果、ガングリオンと判定された。

画像は手指の付け根に液状の塊(腫瘍)が写っており、更に中指の付け根(手の平側に近い箇所)にも同じ大きさのガングリオンが見つかった。よく見ると、小さい塊がアチコチにできており、殆どガングリオンとのこと。たまたま目立った形で甲にできたのが今回のコブとのこと。

ガングリオンは女性に多い病気で、男性は3分の1らしい。拙者は男性だが、どうも珍しい病気に罹りやすい体質か?

治療は腫瘍部の液を注射器で吸いだしても良いが、神経に傷を付けると痛むし、再発を繰り返すのでこのまま1ヶ月様子を見た後、今後の治療が必要かどうか様子を見たい・・・と。特に痛みが無いので指導通りその時点で再診を受けることにした。

帰宅後、ネットでガングリオン(手のコブ・・・で検索!)をチェックしたところ、やはり非常に多い症例と対処を閲覧できた。手術もかなり厄介で、尚且つ原因が未だ解明されていないらしい。但し、指や足を使い過ぎるとその部位に発症すると。

思い当たることは、発症する数日前に大掛かりなHP更新作業で手が悴んでいるのを無視しながらPCキーを打ち(中指一本打法!)続けたり、スクロールを右人差し指で回し続け、やたらその付け根(関節付近)が疲れた記憶があったこと。ネットでは冷感な中での作業に依る「血流阻害と使い過ぎに注意」という記事があり、この点と合致した。今後の治療指針にしたい。
PR
【2011/01/25 20:39 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>