忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/21 03:40 】 |
▲△▲ガングリオン
元気のススメ
http://ameblo.jp/966labo/entry-10736391195.html


みなさん、こんにちは。


地球を侵略しようとする悪の宇宙人から地球を守るため、ある天才博士が開発した人型兵器。それが「ガングリオン」。戦え!我らのガングリオン。


そんなアニメが小学生に大人気!・・・・・な、ワケもなくウソはここまで。



本当のガングリオンとは、手首などにできるコブのようなもの。人によっては、軟骨が出たと表現する人もいます。欧米では、「聖書ダコ」と呼ばれたりもするようです。


ガングリオンは通常、悪性のものではないので、放置しても問題は無いようですが、近くの神経を圧迫したりすると痛みが出ますので、注射器で吸い出すとか手術でとるとかをしないといけません。


民間療法?には、叩き潰すというものもあるようです。普通に考えて、弊害の方が大きそうなので、そういう趣味の人以外はやめたほうがいいようです。


関節というのは、袋になっていて、その袋に中に潤滑油のようなものが入っています。それが外に出るのです。原因はハッキリとは分かっていないようです。


私としては、何らかの原因で関節の動きが悪くなり、動きが悪いのなら「関節の袋の中の潤滑油がなりねぇんじゃねぇの?」ということで、「潤滑油をもっと分泌しろ」と命令が出て、そして袋の中がいっぱいになり、その結果外に飛び出る。のではと思っております。
PR
【2011/02/12 16:07 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>