忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/05/24 09:32 】 |
ガングリオンの原因・治療・改善
吹田市・豊中市・箕面市で本物のマッサージ・鍼を

ガングリオン(ganglion cyst、結節腫)とは、手足などの関節にできる腫瘍の事です。
多くは良性であり、欧米ではしばしば聖書ダコ(bible bump)と呼ばれているようです。

【 概要】
関節近くにある膜や粘液嚢胞にゼリー状の液体がたまる弾力性の腫瘤で、超音波検査上は低エコーの病変です。
液体は穿刺吸引が可能で、内容物が線維化すると硬結と触知され、やや高エコーとなり穿刺吸引できなくなってしまいます。
無症状ですが、神経や腱を圧迫すると痛みを生じることがあります。
男女比は、若い女性の発症率が高く男性の3倍と言われています。
発症メカニズムは現在も詳しくは分かっていません。

【治療法】
良性腫瘍であるため、治療せずとも消失することがあるが、痛みがある場合は注射器で粘液を吸引するようです。
再発を繰り返す場合には簡単な手術による除去が行われることもありますが、手術しても再発する可能性があります。
特に手関節や手指のガングリオンでは、注射器による吸引を繰り返し、感覚障害や運動障害が増悪し、後遺障害を残すことも多いようです。

なので指圧でガングリオンを潰すと安全にできますよ。
面白いことに医師が指でガングリオンの芯を潰すと綺麗にとれるということで押すそうですが、、さすがの石も指力はないようで指でつぶすのは至難の業のようで、僕たちのような指圧師がガングリオンの新を触診し的確にポイントを押せば綺麗に潰れています。
PR
【2011/01/12 21:15 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>