忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/25 11:31 】 |
関節炎と診断されました
日々是園芸日和
http://blog.goo.ne.jp/green-scent/e/f249950ac01b11f79610e239e1444c9d


以前、このブログで「ガングリオンと診断されました」と書いてから腫れも痛みもどんどん増してしまい
ガングリオンと診断してくれた先生に言われた病院の整形外科へ今日行ってきました。

風邪治りたてだったので病院へ行ったら逆にインフルとか要らないもの貰ってくるんじゃないか?
と心配でしっかりマスクをしていきました。

土曜でしたが待合室は沢山の人
特に整形外科だったので杖をついた方や歩行器で歩いてらっしゃるご老人などが多かったです

問診票に「いつどうしてこうなったのか」みたいなのを書く欄がずらっと
「園芸のやり過ぎで」とは書けなかったので「組み立て式のものを組み立てていたら
すごく力の要るもので、その時に右手親指をかなり強く使ったので云々」と書きました
まぁこれは本当のことなので・・・

いよいよ診察室へ呼ばれました
先生は私の右手親指を見てビックリ
私「ガングリオンじゃないんですか?」
先生「ガングリオンだと普通、手の甲側が腫れるんじゃなくて手のひら側に出来るんだよね
これは関節症じゃないかな」
と言われ私もビックリ てっきりガングリオンで注射で吸い取って さぁ痛みもなくなって病院から
帰れるぞと意気込んでいたのでショックでした

とりあえずレントゲン撮ってきてねと言われレントゲン室へ
2回撮られて終了

診察室へまた呼ばれ 先生レントゲンをじーっと見て「やっぱり関節症かな、木を添えてもらう可能性も
ありますね、尿検査と血液検査して塗り薬もらって帰って下さい、次回はまた来週」
こんな感じで診察は終了

ガングリオンだと信じ込んでた私はショックで何故かハイテンション
採血してくださった可愛い看護師さんに妙に話しかけたのを覚えてます

お会計などを終えて調剤薬局へ
最近の薬局って薬剤師さんがとても親身に話しかけてくれるんですね
「あらー!そんなに腫れちゃって!痛いですよね~え?リュウマチじゃない?それはよかった」
リュウマチの患者さんがおられたら非常に申し訳ありません

でも採血とかの検査の結果次第では色んな病気の可能性もあるんですよね
しかも現在左手の同じ個所が「やや」痛いのです
右手のように腫れたり熱を持ったりしてはいないんですが痛いのです

いやな予感です


そして出されたのがこの薬



薬剤師さんに「1日2回までね~お風呂上りが一番よく効きますよ」

実際お風呂上りに忘れそうになりましたが、よくすり込んでみました
すると
痛さがすっと引きます これはビックリ なんだかビックリしてばっかりの一日です
でもまぁ少し引くだけで相変わらずぼっこり腫れて熱を持ってる状態です


とにかく痛いです
親指が使えないと何も出来ないと言っても過言ではありません
実際 台所へ立っても包丁はギュッと握れない 台布巾もギュッと絞れない
お風呂へ入ってもうまく頭を洗えない ドアノブを回すにしても握れない・・・

生活に支障ありまくりです
これで「添え木」なんてことになったらもう・・・

頭が痛くなってきますが時間薬で良くなるかもしれないので のんびり経過を待ちます




ガングリオンだと思ってたのに・・・
悲しかったので帰りにお花屋さんへ寄ったら欲しかったお花がセール中
これはラッキーと2鉢買ってかえりました
せめてもの慰めというか・・・

何が悲しいかって生活に支障が出るのもそうなんですが
「園芸が出来ない」
まず枝を切ろうとしてもハサミに親指が入んないんですよ あまりにもぼっこり腫れてるので
この寒さで我が家のベランダの沢山の植物が黄色く枯れていったりしているので切ってさっぱりしたいのに
親指は無理して家事でハサミを使ってるせいか皮膚がめくれてきてしまいました
悲しいです


検査の結果が気になりますが
「余命1か月です」とか言われた訳ではないので前向きに頑張ろうと思います!
PR
【2011/02/16 19:13 】 | 未選択
| ホーム | 次ページ>>