忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/25 11:34 】 |
「何度目かのガングリオン」
33回転な日々
http://white.ap.teacup.com/33kaiten/334.html


左手首のガングリオンと付き合って、はや10数年。
ランクルに77に乗っていた際、信号待ちで何気なくシフトレバーに左手を置いていたら
突然痛!となったのが始まりです。
その後、オートバイにまる1日乗ると痛み出す。特にBMW R100に乗る時がひどかった。あまり痛まない車種もあったので、その車両の振動とかハンドルの角度とかで「差」がでるのかな?と思ってます。そして手首を曲げると痛くなる(腕立て伏せの体制がとれない)。クラッチを握ると痛い。と、症状が悪化していく。
いろいろな病院で診察してもらうと、概ねガングリオンで間違いは無いのですが
処置方法が定まらない。
「このまま大人しく(ガングリオンと)付き合っていきなさい」とか「針で刺して中身を抜きましょう」とか。私としては切開して全摘してもらいたいけど、どこの病院も手首の関節部分という場所だけに切りたがらない。

しょうがないので自衛策をとります。
まずクルマをAT車に換える。(それなりの効果はあった)
ひたすら患部を安静にする。(カラダに良いとされるゲルマニウム温泉に浸かったら、直後に悪化した事がありました。何かの作用があったのは間違いない?)
ある程度痛みが増したら、針で突いて「抜く」。(すぐに処置してくれる病院を見つけた)
仕事が忙しくオートバイに乗る時間が激減しだした数年前、針による処置をした後からは手首がスッキリ回復。
うれしくて、腕立てやりまくりました。

そしてこの1月。
電動ドリルである鉄板を磨く行為を何日か続けていたら、見事に左手首に「コブ」ができてきた。火山の溶岩ドームみたいに、日に日に大きくなるのが判ります。まだそれほど痛みはないので、しばらくは静観です。

それよりも、電動ドリルの振動ってR100のそれと似ていませんか?
白蝋病になりそうな振動が、私のガングリオンを呼び起こす呪文のような気がするのです。
PR
【2011/02/09 22:36 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>